太股 裏 筋肉 落とす

みなさん、普段自分が歩いている時や立っている時の姿勢は正しい姿勢ですか?

実は、姿勢からX脚やO脚になってしまうことがあります。

そして、なにより問題なのが、立ち方や姿勢で、太股の裏側に筋肉がついてしまうことがあります!

今回は、太股の裏側に筋肉がつく理由と筋肉を落とす方法についてお伝えします。

スポンサードリンク

太股の筋肉の名称は?

実は、太股の筋肉には、速筋(白筋)と遅筋(赤筋)という名称がついています。

速筋は、無酸素運動に使用する筋肉で、遅筋は、有酸素運動に使用する筋肉です!

太股の裏側が筋肉で太くなってしまった!

よくある、太股の裏側が太くなってしまった原因は、体型自体が太った場合もありますが、部活や運動などで、太股の裏側に筋肉がついて太股が太くなる場合もあります。

ですので、ダイエットなどで、太股を太くしたくないので、なかなか運動に踏み出せない女性は多いと思います。

ですが、運動をしなくても、立ち方や歩き方によって、太股の裏側に筋肉がついて、太股が太くなる場合があります。

とくにX脚やO脚の人は、バランスをとるために骨盤が前傾や後傾になってしまい、太股の外側に体重をかけてしまい、必然に太股の裏側に筋肉がついてしまう人が多いです。

ですので、良い姿勢や歩き方をすることがとても大事だということがわかります!

また、太股の筋肉の遅筋が発達することで、良い姿勢を維持する力が高まり、太股の裏側に張り出した筋肉も退化していきますので、正しい姿勢や歩き方を意識することが大事だと思います!

太股の裏側の筋肉を落とすのは、リンパマッサージがおすすめ!

太股 裏 筋肉 落とす マッサージ

スポンサードリンク

太股が脂肪で太くなっているのなら、スクワットやストレッチなどの、脂肪を燃焼することをおすすめしますが、運動などをしていて、筋肉から太股の裏側が太くなってしまった場合は、運動などではなく、リンパをマッサージするのがおすすめです!

また、筋肉質な人が、筋肉を落としたい場合にもおすすめです。

リンパマッサージでとても大事なことは、お風呂の中やお風呂上がりなどに行うことです。

何故かと言いますと、お風呂中やお風呂後は、皮膚が水分を吸収して柔らかくなっているのと、筋肉が暖まっている状態だからです。

また、クリームを塗ってからマッサージをすると、皮膚が滑りやすくなるのでクリームは塗るようにしましょう。

それでは、マッサージのやり方を、部位別にまとめます。

ふくらはぎ

足首に親指と小指以外の3つの指を当てて、足首からひざ裏までをゆっくりと押し上げます。

このとき、ひざ裏からふくろはぎにかけてはリンパが溜まりやすいので、入念に揉み解しましょう。

こうすることで、膝裏リンパ節の流れが促進されますので、脚のむくみは解消されます。

太股の裏側

太股のリンパは、腿の裏側に集中しています。

ですので、まずは、手で、腿を抱えるようにして持ち、4本の指でリンパ管を意識しながら、太股の裏全体を揉みほぐします。

まとめ

太股 裏 筋肉 落とす 歩く

太股の太さは、女性にとって誰もが抱えている悩みだと思います。

脂肪ではなく筋肉で太くなってしまった方は、普段の歩き方や立ち方を振り返ってみて、X脚やO脚になっている方は、まずは、歩き方や立ち方を改善するようにしましょう!

また、太股の裏側の筋肉を落とすのには、リンパマッサージがおすすめですので、筋肉を落としたい方は、お風呂中にマッサージをすることを習慣にしましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク