足首 脂肪 肉 落とす

足首に引き締まりがないと、スカートを履いてもレギンスを履いてもメリハリがなく、スッキリした引き締まった足首が欲しくなりますよね。

足は、もともと脂肪がつきやすいといわれていますが、毎日歩いたり動いたりしているのに、なぜか足首の脂肪が落ちません。

この足首の肉をスッキリ落とすことができたら、脚全体のイメージが変わりますよね。

そこで、足首の脂肪や肉を落とす方法について紹介します。

スポンサードリンク

体重が重いと足首の関節が発達して太ります!

足首 脂肪 肉 落とす

足首の脂肪の肉を落とすには、足首がなぜ太ってしまうのかを知って、足首の脂肪を効率的な落とし方でスッキリさせましょう。

また、足首がむくみからきていて太っている場合は、足首のアキレス腱周囲に溜まった、いらない老廃物や水分を排出させるストレッチをしていくいことも、効率的に足首の脂肪を落とす手助けになります。

足は脂肪がつきやすいのはなぜ?

人間の体につく脂肪は大きくわけると2つあるようです。

一つは、内臓につく脂肪の肉で、外からつかもうとしてもつかめないのが内臓脂肪。

そして、皮膚の下についているのが皮下脂肪で、外からつかめる脂肪です。

この二つの中で、足についている脂肪の肉が、皮下脂肪ですよね。

脂肪というと、私たちの一般的な考え方でいうと、歩いていれば自然に運動していることになるので、本当なら脂肪が燃焼されて痩せていてもおかしくないですよね。

それが、脂肪には、

  • 足に筋肉がついていないので脂肪がつきやすくなってしまうタイプ
  • 足だけではなく、体全体が肥満で脂肪がついているために、足が太いタイプ

があります。

足の筋肉がついていない理由から脂肪がつきやすくても、体全体が太っていても、根本的に私たちの足にはなぜ脂肪がつきやすいのかは、しっかりと筋肉が使えていないためと言われています。

足首に脂肪の肉がつくのは?

足首 脂肪 肉 落とす

足首に脂肪の肉がついて太ってしまう原因は、おおまかに分けると二つあげられます。

一つは、足首の靭帯が発達して厚くなってしまったから。

もう一つは、足首に老廃物や余分な水分が溜まっているからです。

足首の靭帯が発達してしまうのは重すぎる体重

大変言いにくいですが、とっても太っている方で、足首が痩せている人って、まずいませんよね。

ゾウさんの足を思い出してください。

大きな太い体にずんぐりむっくりの太い足首。

あれは、立ったときに、自分の重い体を支えるために足首が太っているんです。

それは、太い体を何とか支えようと足首に負担がかかることで、足首周りの靭帯がどんどん発達して太くなってしまうようです。

体が肥満になって体重が増える→足首に負荷がかかる→足首の靭帯が発達して太る

体全体が重くて体重があればあるほど、足首に負担がかかってしまい靭帯周りが太くなってしまうんです。

足首に老廃物や不要な水分が溜まっている

足首が、パンパンと張っている状態は、老廃物や余分な水分が溜まってしまったことでできるむくみ現象です。

体の他のパーツが太ってしまうのは、骨格がずれてしまったり脂肪や筋肉などいろんな原因で太りますが、足首の場合はむくみで太ってしまうことが多いです。

むくみは、特にアキレス腱周辺に長時間滞って溜まってしまった老廃物と余分な水分です。

ほとんどアキレス腱周辺にこびりついてしまったように定着しています。

老廃物は、分解されるようなことはなく、こちらか排出させるように促していかないとずっとそこに居座って、足首を太くしてしまうんですね。

これも足首を太らせる原因の一つです。

私たちがよく耳にするセルライトですが、足首にも出来てしまうのは、この余分な水分が溜まってしまっていることです。

セルライトは、排出されるはずに老廃物や余分な水分と脂肪細胞が絡みついて大きくなってくることで、肌の下の真皮が断裂されてセルライトになります。

足首の脂肪が落ちにくいのは年齢のせい?

足首 脂肪 肉 落とす 年齢

スポンサードリンク

足首に脂肪がついてしまって太る原因には、もう一つ年齢があります。

年齢を重ねていけばいくほど、体の機能が落ちてくるため基礎代謝が減ってきます。

基礎代謝が減れば、痩せににくくなり、体重が増えていくことになって、足首周りに脂肪の肉がつきやすくなって太ってしまいます。

加齢のために足首に脂肪の肉がついてしまった場合も、体全体のダイエットをして減量していかなければ、足首の肉を落とすのはかなりきびしいです。

体全体の運動をして、年齢と共に下がりつつある基礎代謝を上げていくようにしていかないと、単に足首だけの運動では、足首の脂肪の肉を落とすのは相当な時間がかかります。

しっかり減量して体重を落とせば、足首の脂肪の肉を落とすことは可能です。

足首の脂肪の肉を落とす運動とストレッチ

足首 脂肪 肉 落とす 年齢

足首の脂肪の肉を落とすには、先ほども紹介したように、筋肉を鍛えることが一番ベストな方法です。

足の筋肉には、大きい筋肉がたくさんあります。

この筋肉を鍛えることができると基礎代謝が上がります。

足は、他の筋肉と比べれば、踏ん張りがききやすく力が入れやすいので負荷もかけやすいです。

そのため、他の体のパーツとは違って多くのエネルギーが消費されるんです。

また、余分な水分を外に促すような簡単なストレッチも同時にしていくとより効率的に足首の脂肪の肉を落とすことにつながります。

足首痩せウォーキング

全体的に体をダイエットして、体重を落としていく運動は、ウォーキングが効果があります。

ウォーキングは、体全体のダイエットにもつながることと、足首の脂肪の肉を落とし足首痩せにも効果が期待できます。

足首をしっかり使ったウォーキングをすることで、体全体のダイエットと、足首の脂肪の肉を落とせるので一石二鳥の運動です。

ウォーキングは、20分ほど歩いてから脂肪が燃焼され始めるといわれているので、少なくとも30分ほどは歩いてみましょう。

ウォーキングのコツは、歩く足幅を広くとることと、頭からつま先まで一本の棒が支えているイメージで、まっすぐ歩くようにします。

ただ普通に歩いてしまうと、つかなくてもいい場所に筋肉がついてしまうので、正しい歩き方をしましょう。

慣れてきたら、ペースを上げていきます。

<ウォーキングの効果の高い歩き方>

  • 姿勢はまっすぐにして歩きましょう。背中が曲がってしまうと他の場所に負担がかかって、逆に足首が太ってしまいます。
  • 歩幅は広く保つように、大股で歩きます。
  • 着地するときには、かかとから着地します。
  • 漢字の人という字を描くように、膝は曲げずに足を伸ばして歩きます。
  • おへその下の部分に力をいれながらお腹をへこませましょう。

また、歩いているときに体が安定せずに足の指が浮いているようなら、シューズのサイズが合っていない可能性があります。

普段履いている靴もサイズがぴったり合うものにしないと、逆に、骨盤や関節や足首が支えようとして、変な力が入り歪んでしまう原因になります。

ウォーキングは、30分でもいいので毎日続けると確実に体重が落とせるので、足首の脂肪を効率的に落とすことができます。

足首の血流促進ストレッチ

足首の血流を促すストレッチは、足首回しが効果があります。

足首を回すだけですが、テレビを見ながら毎日5分ほどやり続けることで、足首を柔らかくするので、血流の流れが改善されます。

ウォーキングで歩きづらかった場合もこの足首回しをぜひやってみてください。

ウォーキング後に、足首を回してリラックスさせると、より脂肪の燃焼につながります。

  1. 床に腰を下ろして、片方の足をもう片方の太ももの上のあたりに乗せます。足首が回しやすい位置で大丈夫です。
  2. 乗せた足首の足先を片手でしっかりつかみましょう。もしくは、足の指に手の指を絡ませてもいいです。
  3. つかんだ手の力で、足首で円を描くようにゆっくりと回します。逆にも回します。
  4. 最後に、太ももに乗せた足を軽く押さえて、すねの筋肉を伸ばすようにしてみます。この状態を20秒間キープしてください。

まとめ

足首の脂肪の肉を落とすだけなのに、全身の運動が必要なことがちょっと残念に思う方もいるかもしれません。

でも、よく考えてみてください。

太い体を細い足首が支えるとなれば、やっぱり太くならざるをえませんよね。

がんばって全身のダイエットをしていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク