太股 むくみ 対策 マッサージ

上半身はそれほど不満がなくても、太股がムチムチでむくみが原因で太っていることは、太もも太りにはよくある現象です。

ダイエットで体重を落としても太股のむくみはそうはいきません。

太股のむくみを解消すると、解消前と後では、あきらかに太股の太さが違います。

太股がむくみで太る理由を知って、しっかり太股のむくみ対策をしましょう。

むくみにはマッサージも大切ですが普段の生活でもむくみ対策ができます。

太股のむくみ対策は、リンパを丁寧に流して余分な水分を排出すること!

太股のむくみやすいのは、基本的に血液に流れが悪くなることが原因になります。

また、水分を摂り入れるだけ摂り入れたら、きちんと余分な水分は排出していかないと、どんどん溜まっていきます。

これがむくみになってしまうんです。

むくみ対策は、余分な水分や老廃物は外に排出させるようにマッサージをしていくのが基本的な対策です。

太股がむくんでしまうメカニズム

私たちの体の中は、心臓がポンプのような役目を果たしているので、体の中に流れている血液は動脈を通して必要な水分や栄養分が細胞へ流れるようになっています。

それと併用して、体の中の余分な水分や老廃物も、取り込みながら静脈やリンパ管を通って戻っていくという、再度体内を循環するというメカニズムになっています。

ところが、静脈やリンパ管の流れがスムーズにいかずに滞ってしまえば、本来なら戻るべき水分が戻れずに、体内にとどまった状態になります。

これがむくみになるわけです。

スポンサードリンク

太股のむくみやすい生活習慣

太股 むくみ 対策 マッサージ

むくみ対策をするには、むくみの原因を作っている日頃の生活習慣もあります。

むくみの原因となるものは、いくつかありますが私たちがもっともむくみやすい生活環境を二つあげてみました。

長時間立っていることや座っていることが多い

長い時間立っている仕事をしている人がむくみやすいことをよく耳にしますよね。

長い時間立っていれば、当然重力によって、血液などが足元に溜まってくることになります。

そうなると、静脈は圧が高まってしまい、戻ってこようとする水分の受け入れがきびしくなってくるからです。

また、長時間座っている方も足の筋肉の収縮がないのでむくみやすいです。

運動不足での冷えや血行不良

足は、血液を循環させるためのポンプの役割を担っています。

この足のポンプ機能は、筋肉が収縮することでその機能を発揮しています。

簡単にいえば、血液を循環させるには、筋肉を収縮することが必要です。

ということは、運動不足で足の筋肉が衰えてしまうと、血液をしっかり循環させる機能が低下してしまって、足元の水分がたまりやすい状態を作ってしまいます。

この状態を続けていくと、足先の毛細血管まで、血液がスムーズに流れていかなくなり、冷え性につながったり血行不良になって、結果的にむくみになります。

むくみの原因は他にもあります。

それが水分や塩分の摂り過ぎです。

水分や塩分と摂り過ぎてしまうと、血液中の水分も増えてしまいますよね。

そうなると、その余分な水分がまた溜まってしまうようになってむくみになってしまうわけです。

むくみはその日のうちに対策をしておかないと、しっかり太股に定着してしまいます。

次の章でその対策を紹介していきます。

太股のむくみ対策の簡単な運動

さて、主なむくみの原因となる生活習慣をあげてみましたが、この後に紹介するむくみを解消するためのリンパマッサージもぜひやっていただきたいですが、まずは、普段の生活の中での対策を一つ紹介します。

立ちながらむくみ対策

先ほども紹介したように、血流の循環を良くするには筋肉の収縮が必要です。

スポンサードリンク

そこで、立ち仕事の人は、気づいたらこのかかと上げの運動でむくみの対策をしましょう。

  1. 立ったままで、どこか壁やテーブルなどに軽く手をおきましょう。
  2. 足は肩幅ぐらいに広げましょうこの状態で、かかとだけを上にあげて下ろします。この繰り返しで、ふくらはぎの筋肉が収縮するのでむくみ対策になります。

太股のむくみ対策のリンパマッサージ

さて、リンパの流れを良くしてむくみ対策をするには、リンパマッサージが一番効果があります。

注意なのは、リンパは、強く揉む必要はなく、さするだけで流れます。

必要以上に強く揉んでしまうとリンパがダメージを受けます。

あまり強すぎずに、流すイメージを忘れずにやりましょう。

むくみ対策のリンパマッサージその①

このマッサージ動画では、実際、マッサージを続けてどのぐらいの変化があったのか、beforeとafterの紹介もされています。

これを見てモチベーションを上げていきましょう。

  1. 足の裏を腕の肘に近い部分で押すようにしてマッサージして刺激していきます。土踏まずもグリグリとマッサージします。
  2. 次は、膝の裏をマッサージしていきます。この部分は、リンパが滞りやすい部分なので力は弱めにして、丁寧にマッサージします。
  3. 次は、太股の付け根部分のマッサージです。太股の付け根もしっかりとほぐしていきます。太股の付け根は、リンパの大元なので、足の裏と同じで、力は弱めにしつつも丁寧に親指でほぐしていきます。痛みがあるときには、力加減を弱めにしましょう。
  4. 足首の周りのマッサージは、指の第二関節を使ってクルクルとマッサージしていくのがコツです。
  5. 次は足の甲のマッサージも、指を曲げてグーにしてマッサージしていきます。足の甲もむくみやすいところなので、しっかりと流していきます。この部分を念入りにマッサージをすることで、全身の血行の流れが良くなります。
  6. 次にふくらはぎも指を丸めて上に流すようにしてマッサージしていきます。
  7. 次は、すねの方のマッサージをします。下から上に流すようにマッサージしていきます。早すぎず、遅過ぎない速さでさすりましょう。
  8. 再び、足の裏部分をマッサージします。
  9. 手の指を曲げて、太股の下から付け根部分に向かって流します。
  10. 次は、太股の裏をマッサージします。手の指を曲げてグーの状態にしたら、やや太股を持ち上げて、太股からお尻までマッサージしていきます。片足5分はやっていきましょう。

むくみ対策のリンパマッサージその②

こちらのマッサージも、前の章で紹介したリンパマッサージと、基本的には同じです。

やりやすいマッサージでむくみ対策をしましょう。

  1. 両手にオイルかクリームをつけて手のひらになじませます。
  2. 太股のむくみを取るには、太股からだけではなく、足の先からリンパのマッサージをしていきます。足先からマッサージをしていくと、下半身全体の血行の流れも良が良くなるので、冷え性も改善されます。
  3. 最初に、足の指回り、足の甲、足の裏、足首の裏などを指を使ってマッサージしていきます。少しずつマッサージをふくらはぎに移動しましょう。
  4. 次は、足のすねと足の裏をマッサージしていきます。足の裏にはリンパが流れています。滑らかになるように上へとマッサージしていきます。
  5. ふくらはぎが終わったら、太股に移動します。太股のマッサージは、手のひらを使ったり、手の指を使ったり、手のひらの付け根を使ったりして流すようにマッサージしていきます。
  6. 太股の付け根にはリンパの大元があります。ここの部分を揉んだり軽く叩いたりしていきましょう。下から流してきた流れをここまで持ってきたようなイメージで揉みます。
  7. もう一度足先から軽く上に向かって滑るようにマッサージしていきましょう。
  8. 今度は太股の内側の肉を軽くつかむようにしていきます。動画では、手のひらをうまくつかって揉みほぐすようにマッサージしています。
  9. 太股の外側は、硬い方は、手のひらを大きくひらいて、しごくようにマッサージします。

 

まとめ

いかがでしたか。

太股のむくみ対策を中心に紹介してみましたが、ぜひ参考にしていただければと思います。

むくみは、その日のうちにとっておいて、翌朝スッキリ目覚めたいところですが、毎日は無理でもお風呂上り軽い太股のマッサージはやっておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク